痛くないオススメの胃カメラ検査

胃カメラと聞くと、大掛かりな検査なような気がします。また痛かったり吐き気がしたり、検査自体にも苦痛が伴い大変なイメージがあります。しかし、今は違います。色々と最新の技術を駆使した検査が次々と出てきているのです。

そこで胃カメラをする際にオススメなのが鼻から入れる胃カメラというものです。一度鼻からの胃カメラを経験した人のほとんどの方が次回もこの方法でお願いしますというほど痛みもなく安心感もあるもののようです。胃カメラが苦手な人でも安心して行うことができるオススメの胃カメラ検査といえるものです。検査の特徴として、またメリットとしては従来の口から入れる対応のものとは違い、鼻から入れるので検査中であっても普通に会話をすることができます。そのため患者さんと医師との間で痛みはないか、気分は悪くないかというような会話をすることができるのでお互いの意思疎通にも良いと思います。またそれにより患者さんの安心感も大きいと言えます。他にも麻酔の使用量がごくわずかということで、体にも大変優しく、検査終了後の約一時間ほどで水や食事をとることが可能ですし、原則として眠くなるような麻酔を使用することはないので車の運転などもすることができます。検査の流れもいたって簡単で、今までの胃カメラ検査と比べると気軽に行うことができると思います。また、健康診断はもちろんのこと人間ドックでも鼻からの胃カメラを選択できるようにもなっていて患者さん側からすると本当に良いことだと思います。胃がんなどの治療には早期発見がとても重要だと言われています。

しかし、実際は中々検査にくる患者さんが少なく早期発見が難しいのが現状です。そんな現状を打破するためにもこの新しいタイプの胃カメラは本当に魅力的なものだと思います。技術はもちろんのこと、カメラの画質なども優れたものがどんどん登場してきていて、今まで判断しにくかったようなものが鮮明な画像により小さな病変でもすぐに発見できるようにもなっています。まだまだ一般的にはこのようなものがあるということを多く知られていないので、色々なメディアなどでとりあげ多くの方に知ってもらうことが何よりも必要だと思います。私自身も医療従事者としての経験を生かし、何か自分にできることはないかと精一杯努力していけたらなと考えています。また少しでも多くの、胃を心配に思っている方にこのオススメの胃カメラ検査を受けてほしいと思います。

コメントを残す

*