私がおすすめしたい胃カメラの受け方

もしこれから胃カメラを受けたいと思っているのに勇気が持てないと思っている人は私のおすすめする方法で受けてみるといいと思います。それは麻酔を使って管を入れる感覚をなくす方法です。また起きているのが嫌だという人には、薬を飲んで眠ってから受ける方法もあります。この方法だったらいつ胃カメラをしたのかもまったく気づかないで受けることができるので楽だと思います。私もすごく胃カメラが嫌だと思っていました。苦しいし、気持ち悪くなると思っていたので異常がなければ、受けなくても大丈夫だと思っていたのです。しかし、最近周りの友達でも病気になったりするのを見たら私もしっかり自分は大丈夫なのか検診を受けた方がいいと思うようになったのです。でも胃カメラは嫌だと思っていて楽にできないかと調べていたのです。するとこうやって楽に検査を受けられる方法があることを知ったのです。是非痛みを感じないで検査を受けたいと思っているのなら、寝ている間にやってもらうといいと思います。この方法なら誰もが胃カメラを怖がらないで受けられるのです。そして毎年受ける気持ちになると思います。どこの病院でやっているのか調べて検査を受けて異常なしであることを知った方がいいと思います。

胃カメラはきちんと病巣を見逃さない技術のある病院で受ける

人気タレントに胃がんが見つかり手術を受けたことなどがニュースになりにわかにいの内視鏡検査に関する関心が高まっています。でも胃カメラはどこのクリニックでもいいわけではありません。カメラの性能もありますがその技術力もしっかりしたところで受けないとせっかくの検査でも見逃しが起こってしまうこともあります。人間ドッグなどではレントゲンでの胃の検査を行っているところもありますがやっぱり直接胃の粘膜を目視できる胃カメラは確実な検査と言えます。以前の胃カメラは太く、飲み込むのが辛かったのですが現在の胃カメラは細く、飲み込む時に不快感が少なくなりました。鼻から入れることができるところもあり、より負担が少なく検査を行える工夫がされています。喉に麻酔をしてより不安や不快感が少なくなるよう考えているクリニックもあります。胃カメラの検査と同時にピロリ菌の有無を検査してくれる病院もあります。そして見つかった場合には除去の薬を処方してくれるのです。そのように細やかな工夫をしている技術力の高いクリニックで定期的に検査することが病気を防ぐ最も大事な方法です。胃は毎日酷使されている状態ですから一年に一度休ませて検査を受けてあげましょう。

コメントを残す

*