胃カメラを使う検査について思うこと

人間ドッグに入ると、胃カメラの検査を受けることになります。健康であれば、その検査もつらいものになるでしょう。しかし医師や検査技師の中には胃カメラの操作が上手な人がいます。苦痛を与えることもなく、スムーズに検査を行うことが出来るのです。最近では胃カメラのサイズも小さくなってきました。検査中に食道などの内臓に損傷を与えないような工夫もされているのです。胃カメラを飲む時には、麻酔薬を使います。その麻酔薬にも工夫がされるようになってきました。最近ではスプレータイプのものが利用をされるようになってきたのです。出来るだけ体に負担をかけないように工夫をしているのです。胃カメラの検査が苦痛で検査を避けるようなことがあってはいけません。異常が見つかって検査を受けるようなことではいけません。前もって異常が分かるように、本来であれば定期的に検査を受けることが出来るような環境でなければいけません。名医であれば、患者に苦痛を与えることもなく、胃カメラの検査を行い、また小さな異常も発見をすることが出来るのです。医師のキャリアによっても異なりますが、専門であることも大切です。専門医であれば、小さな異常も発見しやすくなるのです。

胃カメラは進化してるので苦しくないそうです。

今から30年前に初めて胃カメラで検査を受けましたが、当時はカメラの管が太かったのでとても苦しかったです。私は胃が弱いので良く胃痛に悩まされますが、その度検査を受けても胃が赤くただれている程度だと言われてきました。でも痛みは激しくとても辛い思いをします。そういう時は何も食べない方が良いと医者から言われました。胃が痛いときはつい家に常備してある消化を助ける胃薬を飲んでしまいますが、効果は無いので胃の痛み止めを飲むほうが良いようです。最近の胃カメラはとても管が細くなり楽になったそうです。それと軽度なポリープなどはその場で処置してくれるので早期の検査が重要になりますが、色々な方に話を聞いたところ癌の場合は痛みより違和感程度のようでなかなか病院に行く程重症だということに気がつかないみたいです。検査も予約が必要なので億劫ですが、飲み込みずらいなどといった症状は胃カメラの検査をお勧めします。私の身内には胃癌の人が多いのですが今のところ早期発見によって皆元気に回復しました。私も胃癌になる確率は高いので医療の情報を集めながら生活しています。神経を使いすぎたり悩み事などがあるとすぐに胃が痛くなってしまうので性格の改善も必要ですね。

コメントを残す

*